スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜一の選択肢

HPの更新作業をしているうちに、「竜一の選択肢」を急に
プレイしてみたくなってやってみました。

いやー、ヤバイですね。
文章が稚拙すぎて、恥ずかしいです(;´▽`A``

最初にネットでこの作品を公開したのは1997年ぐらいだったかなぁ?
まぁ、13年もたってるわけですから、恥ずかしいと思うのは当然ですけよね。
(人間的に成長してるってことですから)

あと、やたら時代を感じさせてくれました。
「カフェ」を「喫茶店」って呼んでたり
グロービのマース(globeのマークのパロディ)とか(*´∇`*)

とかいいつつ、ちゃっかり完全制覇するまでやってしまいましたが(;´▽`A``

ゲーム中で一番好きだったのは、ラジとろの萌恵のコント100連発の1発目、
子どもがガチャピンの中身だと父親に白状したら
父親もムックの中身だったというネタが一番爆笑しましたww

そーいえば、この自信のネタは当時全く反響が無かったので
かなり寂しかったんですよね(;´Д`A ```

しかし、自分で作ったゲームで爆笑してしまう自分ってどうなんだろうって
ふと考えてしまったりしますが( ̄ー ̄;

明石家さんまタイプなんだろうか・・・なんて。

制作当時、自分の一番自信のネタを詰め込んでるわけですから、
忘れた頃にやると自分が一番ウケるんですよねー。
でも、いかんせん、他人にはあんまり伝えきれてないのが
残念無念ですが(;´▽`A``

「無料でゲームを作るって何のために?」ってよく聞かれますが、
結局、誰のためでもなく未来の自分を爆笑させる為に
ゲームを作ってるんだろうなって考えたりする
今日この頃でした。


100問クイズは、また作りたいっすね。
この緊張感は、なかなか良い(*'ー'*)

テーマ : フリーゲーム
ジャンル : ゲーム

コメント

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。